ゲド戦記 スタジオジブリ



DVDがようやく発売されました。一番左は特別収録版です。DVDを見たら、原作を知らない人は原作をどうぞ!知っている方には、一番右のTHE ART OF ゲド戦記をお薦めします。映画では出なかった原作の魅力的なイメージボードが満載で、素晴らしいです!。音楽も、CMで流れている曲が好きならお薦めです。



宮崎吾郎監督のゲド戦記を見てきました。
いい面もあるのですが、評判が悪い理由もよくわかりました。

問題は二つあります。
1.原作のゲド戦記を知らない人には、話がわからない。
2.原作を知っている人から見ると、ストーリーとテーマが変わっている。


要するに、製作者の持つイメージは表現しているのですが、観客視点がスッポリ抜け落ちているというか・・

このため、あまり支持する人がいないという状況だと思います。
楽しめるのは、原作を知りつつ、外伝として映画を見れる人か、原作は知らなくても、細事は気にせずイメージを楽しめる人ということでしょう。

このページでは、
・原作を知らない人向けに、映画のわかりづらい点を説明する。
(もっとも、原作自体も、詳しく理解しようとするとユング心理学や西洋魔術の基礎知識が必要なので、そのへんの説明も含む)
・原作者が映画を強く批判していることを踏まえ、その批判点を検証する。
(そのさい、宮崎駿監督ならこういう映画を作っただろうというイメージを再構成し、それと比較することで、両監督の資質の違いを明らかにする。そして、原作者の批判は、実は、宮崎駿監督が製作していれば問題なかった部分と、宮崎駿監督が製作してさえ、問題があった部分を明確にわける。ある一点では、悟郎監督作品の方が優れた面もあり、ほんのわずかな工夫でもう一点勝てたのだが・・)


1.ゲド戦記の基礎知識
・基礎知識
・映画ゲド戦記のFAQ・・とりあえず1件作成。追加していきます。


2.ゲド戦記論
第一部 宮崎駿監督のゲド戦記の構想・・読んでて面倒だったら飛ばしてください。

第二部 宮崎駿監督版ゲド戦記の復元イメージ

第三部 宮崎吾郎監督作品との比較

第四部 原作者の批判と、両監督作品との比較


3.ゲド戦記のユングと西洋魔術をベースとした解説



 

宮崎アニメ、スタジオジブリのページに戻る