子供向けゲーム




昔から、TVゲームはよくない、といわれ続けてきた。
しかし、何がどういけないのかというと、まともな議論は一つもなかったと思う。

TVゲームならではの問題がどこにあるのかを純粋に考えるために、以下のように考えてみよう。

例えば、ある子供が、1日2時間TVアニメを見たとしよう。
その2時間のうち、1時間をTVゲームにあてた場合、何が問題となるのか?

それは、その子供にどういう悪影響を及ぼすのだろうか?

逆に、その時間を、漫画を読むことにあてたり、学校で感想文書かされるような、推薦図書を読む時間にあてたらどうだろうか?

以上のような、ごく単純な問いでさえ、たった一度もまじめに議論されたことはなく、単に、「ゲームはよくない」という言い方しかなかったと思う。


さて、上記の問いかけに対する答えは、必然的に以下のように決まってくる。
@TVゲームというメディア自体の問題が存在するか?
ATVゲームで表現されている内容的に問題があるか?

まず、@から考えてみよう。
TVゲームというメディア自体に問題はあるだろうか?
つまり、TVゲームやるくらいなら、TVアニメの方がマシだというケースがあるのだろうか?

私は、経験上、あると思う。
ケースは・・
・TVアニメはTVで見ることを前提に作られている。絵のサイズ、色など。
・TVゲームは、必ずしもTVというメディア向けに作られているわけではない。具体的には、アーケードゲーム、パソコンゲームなど。

実際上、問題になるのは、パソコンゲームの移植だと思う。
なぜなら、パソコンは、TVより遥かに高い解像度を持つため、文字表示や絵の作りが、とても細かいものになっている。
それをそのままTVゲームに移植する場合には、強いにじみが発生し、非常に目に負荷をかけることになる。

私から見て、TVゲームというメディアそのもので気をつけなくてはいけないのは、現在のところこの1点のみである。


ATVゲームで表現されている内容自体に問題があるか?
これも、もちろん、ある。
ただし、これは、TVゲームだけの問題ではなく、映画でもドラマでもアニメでも同じだろう。

この問題は以前からアメリカなどで盛んに議論されていたせいもあり、ここ数年は、過激な描写を制限したり、対象年齢を明示したりするようになっている。

ただし、子供に適切な内容が何かとい議論は、やはり見当たらない。
せいぜい、暴力的で悪影響を及ぼす、という非難がある程度である。

では、逆に、子供に推薦できるゲームはあるのだろうか?

子供向け番組で世界的に人気があるものに、「ドーラの大冒険」という番組がある。これは、ニコロデオンなどで放映されているのだが、内容としては、擬似ゲーム的な表現となっている。
ドーラが視聴者の子供に質問し、一定の時間が与えられる。子供は画面の中から、自分なりの回答を見つける。しばらくすると、画面に矢印があらわれ、正解を示す。
本当のインタラクティブ性はないのだが、やろうとしていることは明瞭である。ドーラは、アメリカでは、英語とスペイン語を話す。
日本では、英語と日本語を話す。
いずれにせよ、英語の学習という側面も持っているわけだ。

このような番組を見ていると、ゲームという形態自体は、むしろ、幼児教育や子供の学習に有意義な可能性を持つことが感じられる。

おそらく、幼児のうちから、インタラクティブ性の高いメディアで学習することは、脳に、むしろ好ましい結果をもたらす可能性もあるのではなかろうか?

少なくとも、幼児向けの知育番組を見ているよりは、能動的である点、子供本人のペースで進められる点、本人にあった分岐パターンを作れる点などで、優れていると思われる。


<子供向けゲーム推薦リスト(サンプル)>
以上のような観点から、子供向けゲームの推薦リストを作ろうと思う。
ところが、ゲーム市場においては、幼児や子供をターゲットにしたゲームというものは、ほとんど出ていない。

そのため、リストとして作れるほどの数がないため、苦肉の策として、過去のパソコンゲームやTVゲーム、TVアニメも含めたリストを作ってみる。

いずれ、名作絵本が数十年も読まれる続けるように、子供向け名作ゲームが、親から子供への遊び継がれる時代が来るための準備として。

<幼児向け>
@マンホール(PCエンジン)
・アメリカのマッキントッシュで開発され、一世を風靡した作品。
キャラクターも大きく、プレイヤーは絵本の世界に入っていった感じで遊べる。
日本でもパソコン、TVゲーム(PCエンジン)に移植されたが、現在のゲーム機では出ていないようである。
文字などもほとんどない。
ただし、実際に幼児が遊ぶには、マウスでクリックすべきポイント(変化が起きるポイント)が、もっとわかりやすい方がいいだろう。

それこそ、絵本のように、改良しつつ、シリーズを増やして、ゲーム機の変化に関わらず提供して欲しい作品である。



ALULU(サターン)
実は、これは悪い例として出した。
元は、ヨーロッパで作られた、子供向け(小学生ぐらいか)絵本である。作りはとても丁寧で、いろいろ賞もとったとのこと。

独特な雰囲気を持った、まさにデジタル絵本なのだが、画面が左右に分かれ、
片側に文字が表示され、もう片面には絵が表示されている。
文字や絵のキーになるポイントをクリックすることで変化が起きるのだが、問題はこの文字部分である。

パソコン作品をテレビに持ってきたため、目がつかれるのである。
もっといっそう大きくするとか、何か工夫をしないと、目に負担をかけると思う。

もうひとつの問題は、美しい絵そのものにある。
印象画風の絵は、解像度の高いパソコンならともかく、テレビでは見づらいのである。これも目に負担をかけるレベルだと思う。
世界観や作品の作りは魅力的であるだけに残念である。


Bドーラの大冒険
これは、先ほど紹介したTVアニメであるが、アメリカなどではパソコンでも出ているかもしれない。それほど、ゲームそのものの作りである。子供向けゲームの一つの参考としてあげておく。
インタラクティブ性に加え、語学の勉強という視点が加わっているのも特徴の一つである。



<小学生向け>
ここは、作成中・・
頭を良くするゲーム、情操教育として効果があるゲームという観点でいろいろ考えています。


<中学生向け>
ここは、むしろ、中学生なら、これぐらい是非やって欲しいという気持ちがある。
@SIM CITY 
シムシティは、中学生が、社会について理解しようとするさいに、一度は市長気分で頑張るのもいい経験になるのではないだろうか?
なぜ、選挙が必要なのか?市政はどのように行われているのかなど、社会に目を向ける準備として、とてもいいと思う。

AEMIT(エミット)
これは、英語学習ソフトである。
しかし、製作は光栄、原作は赤川次郎、キャラは、いのまたむつみ、声優は林原めぐみ、音楽は小室哲也と、豪華キャストである。
テレビの英語講座では飽きてしまう人でも、これなら飽きないのではなかろうか?




以上、ゲームタイトルはサンプル程度の数ですが、今後どんどん追加したいと思います。
皆様ご存知の良いゲームがあれば、是非とも教えてください。




トップに戻る