「光栄」

光栄という会社は、いくつかの伝説につつまれている。

その1つは、もともとはサラリーマンだった夫に、妻が誕生日にパソコンをプレゼントした、というものである。夫は、これを使ってプログラムを作成。見事にあたって、夫は社長、妻は副社長となったという。

もうひとつは、プロデューサー「シブサワコウ」の存在である。特に、80年代には彼の名前は、(光栄と同様に)圧倒的な存在感を誇っていたと思う。「信長の野望」「三国志」「蒼き狼と白き牝鹿」などを立て続けに出していた頃が、もっともインパクトがあった。それでいて、インタビューにも全くでず、謎をかもしだしている存在だった。

とりあえず光栄のゲーム史を振り返ってみよう。

最初の作品は、「珊瑚海海戦」などのシミュレーションゲーム、「経営シミュレーション」などの経営ゲーム、その他に企業向けの財務管理ソフトなどを出していたという。

その他、ファンタジー系のゲームもいくつか出していた。

また、ケーキをゴキブリから守る「ホイホイ」というシミュレーションゲームも出していたらしい。主人公を主婦や学生から選択し、それによって武器も違った、とても面白いソフトだったという(これは後にゲームボーイで出ているようだ)。

しかし、有名になったのは、言うまでも無く「信長の野望」である。このゲームの何がどうすごかったのか、今のユーザーにはわからないだろう。

当時は、シミュレーションゲームが全盛であった。しかし、今と違ってボードゲームだったのである。あちこちの店で、数十個のシミュレーションボードゲームが山積みになっている姿が見られたものである。

もちろん、日本史のゲームも数多くあった。テーマとしては「信長の野望」と同じものもあったし、最初の「信長の野望」が17カ国でしかなかったのに、日本全国カバーしているものもあったし、「信長の野望」が大名しか登場しないのに、数百人の武将が登場するものもあった。

そこに現れた「信長の野望」は、私のイメージでは、ボードゲーム版のシミュレーションのレベルを落として、簡略化したもの、というものであった。

実際、ヘックス方式の戦闘をはじめ、基本的には、ボードゲームを上手にコンピュータ化したものだったのである。システムそのものに目新しいものもなく感じられた。

ところが、根本的な、そして、後にボードゲームを全廃へと追いやって行く要素が二つだけあったのだ。

1つは、いうまでもなく、一人でも遊べる点である。ボードゲームのシミュレーションは、人数を集めるのも大変なら、ルールを説明するのも大変だった。一人で遊べるならいつでもプレイできる。もっとも、光栄は他にもコンピュータ用シミュレーションは「珊瑚海海戦」などいくつも作っていたが、それらはあまり面白くないらしいので、一人プレイできることが、決定的だったわけではない。

もうひとつは、経営の要素が入っていたことである。相場を見て、安い時には米を買い、高くなったら売りつける。そしてもうけた差額で、武器を買って兵を増強する。

この要素は、ものすごく簡単なルールであるにも関わらず、ボードゲームでは再現不可能であった。もちろん、やれば可能なのだが、刻々と変動する米や武器の値などといったものまで管理し始めると、ボードゲームだと煩雑になりすぎるのである。しかも、売り手や買い手である商人が必要になる。コンピュータだと簡単に設定できる商人の存在も、ボードゲームだとルール化が難しい。

この経営ルールの導入という発想は、ボードゲームのシミュレーションしかやらない人には出てこなかったと思う。光栄がそれ以前に作っていた、「経営シミュレーション」ソフトのアイデアが生きているのだろう。

ちなみに、ここで、すでに後の光栄シミュレーションの原理を完成している。つまり、ボードゲームシミュレーション+経営である。

この時点では、まだボードゲームの方が優勢だったと思う。シミュレーションマニアの中には、コンピュータゲームの方が上だと思っている人は一人もいなかったはずだ。

あくまでも、コンピュータゲームのシミュレーションにも、それなりに良さがある、といった感じだった。

しかし、全国版の発売によって、ボードゲームの地位は揺らぎ始めた。登場武将数は、当時のボードゲームの中の最も多いものとほぼ互角。

そして、三国志も決定的だった。誰もがボードシミュレーションの終焉を感じていた。この間、わずか数年だったろう。三国志は、その登場人物の多さもさることながら、その一人一人に顔があること(日本史と違い、三国志はキャラクターゲームでもある)、武将の一騎打ちが再現されていること(ボードにも一応あったが・・)、さらに、様々なコマンドによりアニメーション(兵が運動したり、木を切ったり)が導入されていたことにより、もはやボードゲームでは到達しようのない世界を築いていたのである。

そして、これらを出していたのが、「シブサワコウ」であった。当時、趣味でボードゲームシミュレーションを作成していた私は、正直いってあこがれと嫉妬を感じたものである。

また、ボードゲームでは、最初から扱われていなかった題材に「蒼き狼と白き牝鹿」がある。ここで初めて、題材そのものも、システムも、コンピュータシミュレーション独自の領域を切り開いたといってもいいかもしれない。

このソフトの特徴的なルールに「子作り」がある。これは、婚姻したり、征服したりして手にいれたお姫様に無理やり子供を生ませ、成長させて武将となすという、すごいルールである。プレゼントをあげて気を引くのもいいし、無理して目的を達すると、体力が減ったりという感じであった。

このルールの誕生には、ひとつの伏線がある。それは、光栄の「ストロベリーロマンポルノシリーズ」である。これは、光栄が、「信長の野望」と同時期に発売していた一連の作品である。

第一弾「ナイトライフ」は、夫婦のための、子供を作ったり避けたりするための(?)実用ソフト。第2弾、「団地妻の誘惑」は避妊具販売のセールスマンロールプレイングゲーム(?)、第三弾「オランダ妻は電気うなぎの夢を見るか」はアドベンチャーゲームであった。

私はこのあたりはプレイしたことがないので詳細はわからないが(以前ソフマップの中古で見つけたとき、目の前で他人に買われ、残念な想いをしたことがある)、どれも大変個性的なソフトであることは間違いないようだ。

話を戻すと、「蒼き狼〜」は光栄の3つの柱、すなわち歴史シミュレーションゲームと経営ゲームと、アダルトゲームを見事に融合させた作品と言えるであろう。

その後、光栄は、歴史シミュレーションゲームと経営ゲームは様々に出しつづけていくのであるが、アダルト路線ははずれることになる。

その後も、光栄は舞台を様々に変え、歴史ものを作っていく。ナポレオンを描いた「ランペルール」、文字通りの「大航海時代」、経営系では、飛行機業界の「エアーマネージメント」などが有名である。

歴史系では、その後、競合他社からも次々と作品が発表されていく。光栄の強みと弱みは、それがボードシミュレーションゲームで確立されていたシステムをそのまま使用していることにあると思う。純粋にコンピュータゲームとして考えれば、もっと違ったアプローチがあるのではないか、というのが、他社から見た突破口だろう。

それに対して、光栄は、物語性の強化、やれることの増加、文化などの(やや強引な)要素の導入、などで差別化を図って行く。

しかし、これらの作業の結果、はじめてやる人には、何がなんだかわからないものになってしまった。

それに気づいて、多分、ある時期から初期作品のリメイクや、復刻版を盛んに作り始めることになる。

光栄は、また、レコリエーションゲームと銘打って、RPG要素を盛り込んだ独自のシステムとテーマを模索しはじめる。伊忍道、太閤立志伝、大航海時代など。

さて、歴史もの以外を積極的に作り始めたのは90年代からだろうか。

教育ものとしては、「EMIT」シリーズがある。音楽は小室哲也、原作赤川次郎、キャラデザインはいのまたむつみ、声優は、なんと林原めぐみである。これほどビックネームぞろいの教育ソフトなど、今後も出ないかもしれない。

また、スーファミでは、「アンジェリーク」が作られる。これは、女性スタッフが女性のために作った少女マンガ的な恋愛ソフトということで、ヒットしている。

最近は、アドベンチャーから格闘もの、ポリゴン作成ソフトまで、幅広く手がけている。

さて、光栄にはいくつかの明確な企業方針があるようで、かなり特徴的な販売をしている。ひとつは、価格の異様な高さである。以前は1万円超えるものがざらにあった。これは、昔のパソコン界で、「信長の野望」などを買うのはどうせ年齢層が高いから、お金もあるだろう、という時代の流れを引き継いでいるのだろうか。たしか、イギリスでは、価格が高すぎるということで問題視されたこともあったと思う。

もうひとつは、どんなマイナー機種にでも参入することである。

売れなくなった時期のMSX2にも出しつづけていたが、最近ではメガCDやスーパー32Xにまで出している。スーパー32Xに三国志4を出す神経というのは、なかなかすごいものがある。

このへんの経営方針の理由はよくわからない。知っている人は教えてください。

さて、私は、実は学生時代に作ったプログラムを、若気の至りで売りこもうとしたことがある。その時は、電話であっさり断わられてしまった。持ちこみは一切受けていないとのことであった。

また、光栄といえば、忘れられないのが、社長夫人である。彼女は、冒頭の伝説で紹介した通り、夫にパソコンを与えて光栄のきっかけを作った人物であるが、それだけではない。よくは知らないが、おそらく光栄の今の繁栄は、彼女あってものだろう。1度、あるパーティで見ただけだが、それほど強いパワーを放っていた。ある人にその感想を話したところ、「いやー、最近はおとなしくなったほうだよ。以前は10本の指全部に大きなダイヤをつけていた」といわれたのが印象深い。

最後に、「シブサワコウ」であるが、彼が実在の人物でないことを知ったときは、何となく予期していたとはいえ、驚きであった。当時は秘密事項として聞いたのだが、後に光栄自身が雑誌でそう説明していたことのことなので、今は有名なことかも知れない。

作品リスト

「珊瑚海海戦」

「経営シミュレーション」

「アクシオン」

「ダンジョン」

「タイムエンパイア」

「ホイホイ」

「ナイトライフ」

「団地妻の誘惑」

「オランダ妻は電気うなぎの夢を見るか」

なお、ホイホイ以下の4作品は、是非譲ってください(プレミア価格でなければ)

「信長の野望」

「三国志」

「蒼き狼と白き牝鹿」

「エアーマネージメント」

「ランペル−ル」

「神曲」

「古事記」

「アンジェリーク」

「エミット」

     などなど多数(全部書こうかと思いましたが、バージョン違いまで含むと、ゲーム機用だけで200本を超えるため中止)。