子連れハワイ旅行記1 生後7ヶ月

<子連れ旅行第一回:2002年1月 マウイ3泊、オアフ2泊 生後7ヶ月(ハイハイモード)>

⇒初めてのハワイ(生後7ヶ月)では、マウイから、オアフへの移動日に熱を出してしまいました。移動が多すぎたかと反省。(マウイでは、初マウイということもあり、ルアウ観光やら、ホエールウォッチング、ラハイナ観光、ホテル巡りと忙しかった)。

このときはHIS利用だったので、旅行社に相談し、DR.クリス・イェーを紹介してもらう。彼は、日本語も堪能で、何よりホテルまで出張診察してくれるので、ありがたかった。また、こういう時のために傷害保険に入っていたのだが(医者からも最初に確認された)、よく見たら保険証をもってくるのを忘れていた。DR.クリス・イェーは優しいので、日本に帰ってからFAX送信でOKであった。なお、彼は技術的にもいいと思う(最初に耳を調べた。日本人医師だと、小児科と耳鼻科は専門が異なるため、小児科医は中耳炎を見逃す場合がある)。

その後は、オアフでは子供の安静第一に切り替え、夫婦で交互に移動し、食事の買出しなど行った。

(飛行機)バシュネットを利用。飛行機は、子供向けサービスが充実という記事を読んで中華エアラインに羽田から行ったが、隣2席も人が座っており、気を使った。後述のようにJALの方が、可能な限りバシュネット利用者の隣には一般人は置かないようなので、楽である(赤ん坊連れに優しいのかと思っていたが、実際は他の乗客保護のためであるようだ)。母乳であるためもあり、夜泣きなどは、問題ないのだが、その分、妻一人に負荷が集中。機内の映画ばかり見ていた私は後々までいろいろ言われ、その後赤ん坊の注意を引き続ける芸の開発を検討することとなる。

・飛行機の発着時は、気圧変化に赤ん坊の耳が対応できないため、母乳をのませた(寝ていてのまない時もあったが、問題なかった)。その事を理解していない親は、空港でミルクをのませるため、飛行機の発着時に赤ん坊が泣くこととなる。

・羽田空港は国際線乗り場と国内線乗り場が離れており、国際線乗り場は店も設備もたいしてなく、交通機関へのアクセスも一度国内線乗り場を経由する必要があり、しかも移動用シャトルバスも小さくてすぐ満員になり、赤ん坊連れに気を使って貰える雰囲気でもない。今後は成田発のみにしようと思いました。中華航空はその後成田発着になりました。

(食事)

まだこの時期は母乳のみ。マウイでは、外食中心。オアフでは、熱を出したこともあり、買ってきたり、ピザをとったり。基本的にハワイは赤ん坊連れ旅行者に優しいが(レストランでも笑顔の対応が多い。)、やっぱり気疲れする。しかも、値段の割に、あまりおいしいところはないし、外食のたびに疲れが蓄積していった。とくに、ルアウ観光でのショーを見ながらの食事は、他の客と同席であるため(みんな白人だった)、とくに疲れた。

(親の楽しみ方)

 

生後7ヶ月だと、子供自身は寝てることも多く、おきていてもどうせたいして本人は楽しめないので、後はどうやって親が楽しむかという動きになります。ベビーカー(B型)を持っていきました。

マウイでは、家族3人での観光が多かったが、結果として、子供が熱を出してしまったことを考えると、夫婦の一人は、子供の面倒を見て、もう一人がでかけるか、全員で出かけた場合には、昼寝の時間をとるなどの工夫が必要でした(生後4ヶ月の石垣島旅行の時はそうしたのですが、7ヶ月では大丈夫だろうと油断しました)。

<反省点>

・赤ん坊は、ベビーカーの移動とはいえ、あんまり動かさない方がよかった(マウイではひたすらでかけた)。

・集中力がとぎれたとき、私は計3回ベビーカーやらベビーベッドから落っことした。


ハワイ旅行のページに戻る

トップページに戻る(エヴァンゲリオンのページ、ガンダム、イデオンなどの富野作品ページ、ハウルやナウシカなどの宮崎アニメのページ、ボトムズのページ、ゲームのページ、旅行ページなど)