子連れハワイ旅行記3(1歳1ヶ月)


<子連れ旅行第三回:2002年7月 オアフ7泊 1才1ヶ月(歩きモード)>

3回目のハワイは、オアフ内でホテル移動したのですが、後半元気がなくなってきました。

このときは、シーライフパーク、動物園などいろいろ行った割には、子供はあまりたいしてうれしそうでもなく、また、気合入れてあっちこっちレストランに夕飯食べに行ったせいもあり、親も疲れてしまい、「もーハワイはいい」という気分になりました。

(飛行機)

このころになると、結構意識もはっきりしているため、飛行機で飽きないようい、いろいろ、新規のおもちゃを持っていきました。それは、まあまあ成功したのですが、逆に、お気に入りのおもちゃなど持っていかなかったため、長期滞在になればなるほど、子供はさみしくなったようで、家に帰ったときには大喜びで泣いていました・・

JALでバシュネットを利用。

(食事)

このころになると、結構いろいろ食べるため、積極的にレストランに行きましたが、やはり気をつかう面が多く、疲れました。

また、現地での離乳食も買ったのですが、あまりにまずいため、食べませんでした。アメリカ食は、幼児のころから味覚には問題があります。

(親の楽しみ)

このときは、ザ・バスでの家族移動を多用したのですが、安くて便利とはいえ、やはり疲れました。また、歩けるようになったので、公園などで適当に走らせました。

妻はヒルトンのマンダラスパへ、私はビーチボーイのサーフィンレッスンなどへ行きました。買い物はワイキキ周辺のほか、アラモアナやカハラなど。

<反省点>

・この時期になると記憶もはっきりしているため、子供のお気に入りのおもちゃ等もってくればよかった。(飛行機で気を引くことを考え、新規のばかり持ってきていた)。

・夕食を外食するのは、親が疲れた・・

・シーライフパーク、動物園にも行ったが、子供が喜んだのは一瞬で、あまり興味を持たなかった。子供が、そういうのを楽しめる年齢になってから行けばよかった。この時期は動物園や魚のショーより、公園でハトを追っかける方がはるかに楽しい時期でした。



ハワイ旅行のページに戻る

トップページに戻る(エヴァンゲリオンのページ、ガンダム、イデオンなどの富野作品ページ、ハウルやナウシカなどの宮崎アニメのページ、ボトムズのページ、ゲームのページ、旅行ページなど)