赤ちゃん連れハワイ旅行のノウハウ


持ち物


バスタオル(機内は寒いことが多い。また、
       エコノミーの毛布は化繊で汗の吸収が悪い)
飲み物(ジュース、お茶、上昇時より下降時の方が
     耳への負担が大きいので寝ている場合は起こして
     飲ませる)
お菓子(目あたらしいもの。好物)

軽食(機内食は口に合わない場合もある、幼児の場合)

おもちゃ(新しいもの数種類)

絵本

チャイルドシートカバー(レンタカーのチャイルドシートは
              あまり清潔でない場合がある。また、
             汗を吸収する素材のものがよい。)

羽織るのも(パーカー、カーデガン、
       機内ショッピングセンターの冷房対策)

解熱剤(アセトアミノフェンの座薬、アルピニー座薬)

風邪薬(行きつけのお医者さんでもらっておく。)

海外旅行の保険証、子供の分だけでも加入のこと。子供のみ
バラがけ、死亡保障携行品なしのもの。キャッシュレスで
診察可能

シャワーが固定式の場合が多いので小さなバケツ
子供服のちょっとした洗濯にも使える。
(100円ショップで売ってるのでよい)

小さな物干し(子供ものの洗濯に使える、100円ショップで売ってる)


長袖のパジャマ(冷房は必ず夜は切って寝た方が良い)


食べなれた食品(ベビーフード)



準備

飛行機は(10キロ以下の場合はバシネットが利用可能)
なるべく航空会社に直接電話をし、リクエストを入れる。
周りの席を人を入れないブロックをしてくれる場合がある。
ハワイでアメリカのJALに再度リクエストを入れると
親切な場合が多い。


空港内ではなるべく寝かさず起こしてよく遊ばせる。
(子供用のプレイルームは風邪などをもらうことが多いので
避ける)

1週間くらい前から飛行機の時間に合わせた就寝時間


現地

なるべく初日はアーリーチェックインを利用し、
軽く睡眠をとってから、3時くらいから散歩。

ゆとりある計画、午前中遊びに行ったら
昼過ぎに一度部屋に戻り昼寝をして体調を整えてから
夕方遊びにでかける。


食物を食べる前はよく手をあらう。またはふく。
風邪予防

 


ハワイ旅行のページに戻る

トップページに戻る(エヴァンゲリオンのページ、ガンダム、イデオンなどの富野作品ページ、ハウルやナウシカなどの宮崎アニメのページ、ボトムズのページ、ゲームのページ、旅行ページなど)