家族ハワイ旅行のノウハウ


ハワイ家族旅行共通の注意

1.お金をかけて、楽な旅にする。
20代の頃は、少しでもお金を浮かせるために、様々な工夫をしておりました。
ヨーロッパに行くのに、わざわざシンガポール経由で20時間以上かけて行ったり、
荷物も自分達で運んだり・・

しかし、子連れ旅行、親連れ旅行では、とにかく、お金で楽が出来るなら楽することが鉄則です。
そうしないと、自分にも子供にも負荷をかけて大変なことになります。
いくつか具体例をあげます。

・荷物(スーツケース)は自分達で運ばない
以前は旅行代金節約のため、スーツケースはいつも自分で運んでおりましたが、
子連れ旅行の秘訣は、とにかく、お金で解決できる問題はお金で解決するということだと思います。
たとえば、スーツケースを家から運ぶのも、子連れ旅行となってからは業者任せにするようになりました。

私が利用しているのは、JAL ABC宅配です。

・リムジンを使う
ワイキキでの移動は、大体歩きですみますが、全て歩きだとさすがに疲れます。
私は、赤ん坊連れ旅行の最初の頃は、ベビーカーを使って苦労してTHE BUSなどを利用して動いておりましたが、最近は、とにかくリムジンをタクシー代わりに使っております。

また、親を連れてオアフの名所を案内するさいにも、毎回リムジン観光をチャーターし、
親や自分の興味にあわせ、無理のない動きをするようにしています。

オアフでの簡単な移動の時にも、リムジンを利用しています。
赤ん坊連れの時も、子供が動き回るようになってからも、親連れの時も、本当に楽です。

なお、リムジンで1日もしくは半日観光をするさいは、運転手さんの日本語レベルにはこだわりましょう。
日本語ガイドといっても、ほとんどしゃべれない人から日本人まで様々です。
半日、一日観光のさいは、多少割高になっても、日本語が充分喋れる運転手さんを確保しましょう。




2.食事はTOGOを多用する
子供がいると、外食は気を使います。
赤ん坊だとなおさらです。
ハワイは、日本と違って一般の店でも持ち帰り(TOGOという)用にセットしてくれるところが多いです。
しかも、テーブルにつかない分、サービス料はとらなかったりするので、お得です。
ホテルで、のんびりと、レストランの食事が楽しめます。

私がよく利用するワイキキの店を紹介します。
どれも、ガイドブックにもよく載っているお店です。

一般の店で、TOGO用に包んでくれた経験のある店
<タイ料理>
・ケオス(ケオニ)
<中華料理>
・レジェンド

*もし、皆さんの経験で、この店でもTOGO用に包んでくれたという情報があれば、是非教えてください。

もともとTOGO用に包んでくれている店
・えぞ菊
・カカアコ・キッチン
・マーケットインターナショナルプレイスやアラモアナのマカイ・マーケットなどの屋台
・エッグスン・シングスン


3.ホテルは、冷蔵庫が使えるところを
ハワイの有名ホテルも、冷蔵庫のタイプは明確に分かれます。
利用者が勝手に冷蔵庫を利用できるところと、最初から決められた品物を、お金払って使うだけのところです。
当然、利用者が自由に利用できる方が便利です。
近くの店で食材を安く買い込み、冷蔵庫に貯めておけるからです。



*このホテルはどうだった、この部屋はどうだった、などの情報があれば是非教えてください。




4.場所選び
子連れは、オアフ島が、やはり無難です。
理由は、
@直行便がある。
A医療体制がある。
B食べ物の選択も多い。

しかし、いつもオアフ島ではつまらないという場合は、
直行便がある点で、ハワイ島をすすめます。
マウイ島の場合、乗り換えになりますので、やはり子供にはより負荷がかかると思います。
もし、それでもマウイに行きたい場合は、行った当日は休んだり翌日も無理なスケジュールを入れないようにして、子供を休ませましょう。
我が家では、7ヶ月の赤ん坊をマウイに連れて行き、当日はラハイナ散策、翌日はホエールウォッチングにルアウ観光などやった結果、翌日に熱を出してしまいました。

その反省をもとに、後に親連れ子連れでハワイ島に行ったときは、非常にゆったりとしたペースで動き、誰も疲労せずにすみました。


5.コンドミニアムも検討
とくに、親連れなどの3世代で動く場合、2家族向け(バス・トイレも別。台所・リビングは共通)のコンドミニアムなどにすると、便利です。
また、食事関係でも融通が効きますので、自炊にも便利です。


6.高級店で外食したいときは
せっかくのハワイなのだから、自炊や、レストランの持ち帰りだけでなく、高級感ある食事を楽しみたい時もあると思います。

そういう時は、サンデー・ブランチがおすすめです。
オープンな雰囲気なので、赤ん坊連れでも、3世代でも、気兼ねなく優雅な雰囲気が味わえます。
また、バッフェ形式なので、子どもでも、欲しいものを欲しいだけ、欲しいタイミングで食べることができます。

おすすめは、ハレクラニ、シェラトン、カハラなどの高級ホテルのサンデーブランチです。
昼間からシャンパン飲むのもいいでしょう。


サンデー・ブランチ以外でおすすめは、
ハレクラニのハウス・ウィズアウト・ア・キーや、
アラモアナショッピングセンターにある、アラン・ウォンズ・パイナップル・ルームがおすすめです。

ハウス・ウィズアウト・ア・キーは、優雅なフラやハワイアン・ミュージックのショーを見ながら、ゆったりと夕ぐれ時を楽しむことができます。

アラン・ウォンズ・パイナップル・ルームは、すいていますし、とてもおいしいです。アラモアナ・ショッピングセンターでの買いもの疲れ後にぴったりです。


7.親連れ家族旅行時のレストラン
 作成中

8.保険
・子連れの保険
・親連れの、手術後の健康保険の選び方
作成中



ハワイ旅行のページに戻る

トップページに戻る(エヴァンゲリオンのページ、ガンダム、イデオンなどの富野作品ページ、ハウルやナウシカなどの宮崎アニメのページ、ボトムズのページ、ゲームのページ、旅行ページなど)