テンプル騎士団の謎を追う(パリ)


「ソロモン神殿の廃墟からサングリアル文書を発掘するようテンプル騎士団に命じ、メロヴィング朝がイエス・キリストの血を引く証拠を手に入れようとしたんだ。」

「テンプル騎士団はさまざまな異端行為によって教会から断罪されたんだったな。」

「そのとおりだ。あらん限りの罪がでっちあげられた。男色、十字架への放尿、悪魔崇拝などなど」

「そのなかには偽りの偶像の崇拝も含まれていた。とりわけきびしく糾弾されたのは、騎士団が極秘におこなっていた儀式だ。テンプル騎士は石の頭の彫刻に祈りを捧げた・・それは異教の神・・」

「バフォメット!」
(ダ・ヴィンチ・コードより)

 

「ダ・ヴィンチ・コード」
をはじめ、「フーコーの振り子」などでも、テンプル騎士団は大きな役割を果たしている。

テンプル騎士団とは何なのかといえば、十字軍遠征時にヨーロッパの権益を守ろうとした騎士団なのだが、これほどの伝説を産み出した理由は・・

・キリストの遺品(?)を入手した可能性があるといわれている

・当時の国家予算並みの財源を持っていたといわれている

・謀略(悪魔崇拝の容疑など)で滅ぼされたといわれている


といったところだろう。

たしかに、これらの要素が組み合わされれば、いくらでも想像をたくましく出来る。

テンプル騎士団の調査を行うことは、そのまま、
・真実のキリスト調査
・隠された莫大な財宝調査
・悪魔崇拝の調査


につながるのである。

そして、当然ながら、テンプル騎士団を調査することは、「ダ・ヴィンチ・コード」や「フーコーの振り子」をはじめとする様々な工夫を凝らした文学作品を味わうのにも有用である。


さて、私は10年ほど前、パリに行った時、私もテンプル騎士団の財宝調査をやってみようと思った。

テンプル騎士団といっても、パリからエルサレムまで活動範囲はあるのだが、パリではとくに興味深い点を2箇所回ることにした。

@テンプル騎士団最後の総長ジャック・ド・モレーの処刑場

Aテンプル騎士団が悪魔崇拝で告発された教会


まず、@である。
よく警察もので、現場百遍という言葉もあるので、私は、まず犯罪の現場(処刑場)を丹念に観察することから始めた。

場所は、パリのシテ島の一角である。行ってみると現在は静かな、小さい公園になっている。
私は、「このあたりかなー・・」と思ってうろうろしていると、小さなプレートが1枚壁にはってあった。見てみると、ジャック・ド・モレーがここで処刑された旨が書いてある。

言い伝えによれば、テンプル騎士団の最後の総長、ジャック・ド・モレーは、ここでじっくりと火あぶりにされたという・・

誰かが見落とした、何か重要なアイテムでも無いだろうかと、まわりを調べる。

しかし、500年前の火刑場の跡地の小さな公園に、今更何が見つかるわけもない。

残念ながら、これといった収穫もないままに、去ることになった。

よく考えてみれば、ここは犯罪の現場ではなく、単なる処刑場である。期待する方が間違っていたかもしれない。

さて、次には、いよいよ犯罪の現場(と国王から告発された)マレ教会(サン=マリ教会)を探すことにした。

ここは、テンプル騎士団が問題の儀式を行っていた寺院であり、悪魔崇拝という理由でテンプル騎士団が壊滅させられることになった場所である。

テンプル騎士団の調査には絶対に外せないポイントである。

しかし、よく地図を見てみると、パリにはマレ教会が2つあることに気づいた。
テンプル騎士団が儀式を行っていたマレ教会はどちらだろうか・・

実は、この日は、日本に帰る日であり、あまり時間がなかった。

カンで、とりあえず、パリの中心から若干遠い方に行ってみた。

しかし、どこを見ても、悪魔の像などはない。

貴重な時間を浪費してしまったことを残念に思いながら、もうひとつのマレ教会に急いで向う。

時間がなくなり、最後は走った。

横手から近づいていくと・・あった!悪魔の像のようだ!小さいけどいっぱい壁に並んでいる・・なんという教会だ。

一応、写真をとる。(今度このページにも載せます)

さて、正面に向うと・・それなりの大きさの悪魔の像を発見!

これこそが、まさに、テンプル騎士団が崇拝していたとされるバフォメット像である。

しかし、残念なことにちょうどフィルムがきれてしまった。


さらに、この時点で、もう時間的余裕はなくなっていた。急いでホテルに帰らなければ、日本に帰る飛行機に乗れなくなってしまう。

本当はいろいろ教会内を調べる予定だったのだが、一軒間違えたせいで、のんびりしている時間もなく、そのまま駆け足で帰ることになった。

残念・・


<今回の成果:後に続く人たちの調査のために・・>
・ジャック・ド・モレーの処刑場にいっても、あまりテンプル騎士団の調査に意味はないことがわかった。
ただし、観光地の近くなので、興味がある方は行ってみるのも良いだろう。
何もないけど、観光客用のプレートだけはある。

・マレ教会は2つあるが、より中心に近い方(ポンピドゥーセンターのそば)である。
これは、化け物の像が多数あり、テンプル騎士団に興味がなくても面白いと思う。

(参考)
「ヨーロッパの乳房」は、澁澤龍彦のヨーロッパ旅行記です。マレ教会の話ものっています。


ダ・ヴィンチ・コードのページに戻る