自分というオリジナルを肯定するということ エヴァンゲリオン製作の本質



1.エヴァンゲリオンの本質的な特徴とは

 

新世紀エヴァンゲリオン(以下エヴァンゲリオンと記述)ほど、多様な受容をされたアニメはなかっただろう。

特集を組んだ雑誌も多彩なら、評者の論点も様々であった(アニメ史、精神分析、世代論、現代思想、おたく文化、オウムとの同時性など)。 

エヴァンゲリオンというアニメの本質的特徴は何だったのか、というテーマ一つに関しても、解釈の視点はバラバラであり、決してまとまることはなかった。 

その一方、ファンはストーリーの解釈や、キャラへの思い入れなどにより、やはり多様なエヴァンゲリオン像をうちたてていった。

インターネットでは、サイト数は一時1000を超えていたと思われる。

テーマも、謎解き、エッセイ、ストーリーを補完する小説、オリジナルの物語、イラストなど様々であった。 

なぜこれほど多様な解釈と反響が生み出されたのか。

 ひとつには、この作品が、まれにみるほど多くの情報を取り込みつつも、ストーリーの肝心な部分は明確にしないため、多様な解釈を許す作品になったという面がある。

 もちろん、これは、作品自体が狙った戦略でもあった。 

エヴァブームの頃、様々な雑誌で、エヴァのあのシーンはあそこから来ている、あの作品の影響を受けている、という指摘合戦が続いた。

 製作者が明確に狙っていると思われるものから、こじつけに近いものまで、膨大な指摘があったと思う。小説や漫画や軍艦からとられた、登場人物の名前や各回の題名、ちりばめられた精神分析や遺伝子関連の用語、70年代の特撮やかつての名作アニメ、SF等を思い起こさせる演出などなど。

 それぞれの引用は、それぞれの元ネタに親しみのあるファン達から歓迎され、それぞれの論点からの解釈を生み出すのに成功した。

いくつかの分野に関しては、専門の学者達までコメントを与えていた。 

「ありとあらゆる人が見た時に、自分の鏡となって返ってくるような作りになっている。情報量がやたらと多いし、見た人の投射がそのまま返るようになってますからね。各個人によって感じる面白さも違う」(庵野監督「スキゾ・エヴァンゲリオン」) 

作品自体が、多様な関心をひくことで話題を広げることを狙うという戦略は、間違いなく成功したといえるだろう。 

一方、膨大な解釈が生み出されたにも関わらず、作品の、いわゆる「謎」とされる部分の解明や、物語の統一的な把握の試みは、ほとんど成功しなかった。

少なくとも、万人が認める基本的解釈といったものさえ、まとまらなかったし、細かく分析すればするほど、矛盾が生じてくる面もあった。

また、製作者自身、最初からきっちりと作品世界を考えた上で製作したわけではないことを明言していた。

 「ライブ感覚。その時のその状況に合わせて全部つくっている」 

「実際は、「補完計画」て全体の半分ぐらいの話数まで、人類を補完するって、何を補完するんだろうって、ハッキリとは決めずにやってましたからね」(庵野監督「アニメージュ1996年7月号」)

 その結果、生み出された一つのエヴァ本質論は、「エヴァの本質とはその多様な素材をサンプリングする手腕にある」という見解である。

「彼らは思う。もはやこの世にオリジナルなんて存在しないのだと。…センスさえあれば、コピー以上のコピーにする事も可能ではないのか?彼らがかける一点がそこだった。未果てぬオリジナルの幻想を追うよりそのほうが現実的だし、何よりも楽しいではないか。…そもそも彼らは究極のコピーバンドとしてデビューしていた」(竹熊健太郎「スキゾ・エヴァンゲリオン」)

「先人達にとっては、無謀とも思える冒険だった。新しい表現技法や作品テーマというリソースを自在に継ぎ合わせて華麗な作品を作り上げてきた。オタク文化へのリミックス、あるいは古典へのオマージュで構成された、壮大なる引用の大伽藍」(永瀬唯「スタジオヴォイス1997年3月号」) 

「おそらく個々の引用は強い思想にもとづいてなされたものではない。だが、それが一定の量を越えると、作者の意図とは関係なく、過剰な意味作用を引き起こすのだ。つまり、たとえ思想が浅いものであっても(実際、そうなのだが)、膨大な引用によって事後的に奥行きが発生する。それがあたかも最初から存在していたかのように。…思想が一貫していないがために、引用による意味の隙間は多い。だが、それは副次的な言説と物語を生成させるのには、かえって好都合である。なぜなら、こうした隙間を後で勝手に結びあわせて、幾つもの言説と物語が紡がれるからだ。エヴァは常に過剰な情報量をもちながら、何か決定的な情報が欠如している」(五十嵐太郎「エヴァンゲリオンスタイル」)

 

 つまり、エヴァの本質とは、過去の名作や、様々なジャンルの知識を、秀逸にリミックスすることに成功した点であり、エヴァにオリジナルな点があるとすれば、そのようなリミックスを徹底的にやったこと、手腕が優れていたことなのではないかという考えである。

 しかしながら、これらの論点に疑問が残るのも事実である。

例えば、庵野監督の他作品においても、引用、パロディなどは豊富に用いられていた。確かにエヴァの方が徹底的に、かつ優れたセンスで扱ったとは思うが、その、相対的な程度の差が、他作品とEVAとを分ける本質的な違いなのだろうか。 

むしろ、同監督のそれまでの作品とは決定的に異なる何かが、EVAにはあったのではないだろうか。そして、それこそが、エヴァンゲリオンにとって、本質的な魂だったのではないだろうか。

 

 

2.オリジナリティという問題

 エヴァの特徴を先述のように引用の織り成すリミックスと考えるならば、一歩進めれば、オリジナリティの欠如という論点にたどり着く。

 面白いことに、自分達の世代には、オリジナリティがない、という主旨のことを、庵野監督はたびたび語っている。 

「人間にオリジナルなんてない。…僕みたいにアニメやマンガしか見ていないと、そこから思い付いたものをパッとやった時には、思い付いたものはただ自分の中で忘れていたもので、必ず何か元ネタがあるんですよ。…ちょっと嫌な気がする」(スキゾ・エヴァンゲリオン)

 では、彼は、どのような方法論をもって、エヴァンゲリオンという作品にオリジナリティを出そうとしたのだろうか。 

「新世紀エヴァンゲリオンには、4年間壊れたまま何もできなかった自分の、全てが込められています。4年間逃げ出したまま、ただ死んでいないだけだった自分が、ただひとつ「逃げちゃダメだ」の思いから再び始めた作品です。

自分の気持ちというものをフィルムに定着させてみたい、と感じ、考えた作品です。

それが、無謀で傲慢で困難な行為だとは知っています。

だが、目指したのです。

結果はわかりません。

まだ、自分の中でこの物語は終息していないからです。

シンジ、ミサト、レイがどうなるのか、どこへいくのか、わかりません。スタッフの思いがどこへいくのか、まだわからないからです。

無責任だとは、感じます。

だがしかし、我々と作品世界のシンクロを目指した以上、当たり前のことなのです。

「それすらも模造である」というリスクを背負ってでも、今はこの方法論で作るしかないのです。

私たちの「オリジナル」は、その場所にしかないのですから…」(コミック一巻より) 

 

つまり、「自分をフィルムに定着させること、作品にシンクロすること、そこにしかオリジナルを生み出す可能性はない」という方法論である。 この方法論についは、他にも様々な観点から語られている。

 

 「この世界に本当のオリジナルは、自分の人生しかないですから。 …僕らには(テレビという)魔法の箱の中にしか語るものはない。情けないんですけど、仕方ない、そこを認めたところから、スタートだと思うんです。」(スタジオヴォイス96年10月号)

 「基本的にエヴァは、僕の人生をフィルムに引き写しているだけなんで、僕が生きているわけだから、物語は終わらない」(スキゾ・エヴァンゲリオン)

 

 自分自身の生き方というオリジナルを、作品の基盤とすること。

この、エヴァンゲリオンにおける決定的な方法論が、何を意味するのか、十分に検討されたことはなかったように思う。 

これは、どのような帰結をもたらしたのだろうか。 

 

例1:登場人物の心理描写

まず、わかりやすいところでは、登場人物の性格描写に現われている。 

「『エヴァ』のキャラクターは全員、僕という人格を中心にできている合成人格なんですけれど…」

 「シンジ君は今の僕です」(スキゾ・エヴァンゲリオン)

 エヴァンゲリオンの最大の特徴のひとつが、人物の精神描写であることには異論は少ないだろう。 

非常に興味深いことに、エヴァの人物に対する評価というのは、決定的に割れた。 

一方では、登場人物にまさに「シンクロ」し、話の展開によっては、体調を崩すものまで現われた。 

「先生、これを絶対見て!見れば、私がわかるから!」と女性入院患者にEVAのビデオを見せられた精神科医の話もあった。(「何が若者の心を癒すのか」「SCIaS1997年5月2日号」)

 私のHPに寄せられたメールの中にも、シンジは自分自身のことだ、という言葉が複数人から寄せられた。

 このタイプの人は、作品の謎とか、過去の作品の引用とかには、ほとんど関心がないのが特徴である。 

一方、エヴァの登場人物には、現実感がない、という意見も根強かった。

ガンダムで有名な富野監督は「生のセックスに興味の持てない、”死”を実感出来ない感性の人々の実在を書き記したカルテに見える」と発言していた(別冊宝島「このアニメがすごい」)。 

私のHP上にも、シンクロした人と少なくとも同じくらいの人々から、「現実感のない登場人物」、「精神描写は見ていてげんなりさせられる」いうような意見が寄せられた。 

アニメ作品で、ここまで極端に人物描写の巧拙の評価が食い違う作品もないだろう。この現象は、エヴァの方法論である、オリジナルは自分自身という方法論がもたらしたと思われる。 

つまり、庵野監督と同じ性格の人間には、シンジの精神描写が深くなればなるほど、通常のアニメの主人公とは異なる独自のパターン(情けなさも含めて)を見せれば見せるほど、まさに自分自身のように思われるのである。

 一方、性格のタイプが異なれば異なる人ほど、現実感がない人物描写、精神描写に見えてくる。

シンジが成長するわけでもない点で通常のアニメの規範を外れていることもあり、特に精神描写が長くなればなるほど、うそっぽく見える。

 この点は、単に登場人物への思い入れに関するだけではなく、ストーリー理解をも決定付ける。

 例えば、映画のラストで、シンジがアスカの首を絞めるシーンがある。

映画公開当時、奇をてらった、いわゆる謎めかした展開だと多くの人が考えた。

なぜなら、その直前のシーンでこのような会話が展開する。 

カヲル「再びATフィールドが、君や他人を傷つけてもいいのかい?」 

シンジ「かまわない」 

シンジ「いつかは裏切られるんだ。ぼくを見捨てるんだ。でもぼくはもう一度会いたいと思った。その時の気持ちは本当だと、思うから」

 延々と続くシーンの中でそう結論づけ、通常のアニメに収まる枠内で、誰にも理解可能なように成長してみせたと思われたシンジが結局、それら全てをアスカの首を絞めることで無に帰しているかのようだからである。

 ところが、あの、シーンは、シンジと同じ(庵野監督と同じ)性格の人が見れば、全く説明不要に、かつ正確に「理解できる、実感できる」シーンなのである。 

正直言って、私も映画を見た当時、やはり意味不明な、奇をてらったシーンにしか思えなかった。

話題作りの一環だろうとさえ考えていた。これは、私が、庵野監督と全く異なる性格であること、エヴァに興味をもったのも、主に謎解き面であったことと密接に関連している。

 しかし、私のHPの掲示板を見ると、そのシーンの意味を、理屈なしに説明している意見もあった。

ところが、私からすると、実感できないシーンである以上、理屈なしの説明をしてもらっても理解できず、意味がない。

 私が、自分なりにその指摘を理屈で理解したのは映画公開後半年以上たってからだったと思う。

そして、それを納得するためには、原稿用紙にして30枚以上の分析が必要であった。

庵野監督と同性格の一部の人たちが、映画を見てリアルタイムに実感していたことは、やはり正しかったと思う。 

しかしながら、それは、同タイプの人間にしか通用しない、意味を持たないストーリーではないか?別なタイプである私は、あくまでも、時間をかけて、理屈によって理解することしか決してできないのである。 

そして、気づいてみれば、エヴァは一貫してこのような、プライベート・フィルム的な構造を持っているのである。

 

 

例2:成長しない主人公

 例えば、何度も指摘されてきたことだが、シンジは、通常のアニメのようには、決して成長していかない。

これも、エヴァの特徴として何度も語られたが、多くは批判的なものであった。 

しかし、ここで重要なことは、アニメのストーリーの「お約束ごと」からすれば、シンジには成長するチャンスは何度もあったということだ。

しかし、意図的にそうはならなかったのである。 

それは、エヴァの方法論が、あくまでも「監督自身の生き方が唯一のオリジナル」とする方法論によるものだからである。

アニメの定型的なストーリー展開を踏襲することよりも、方法論を優先したのである。

その結果、監督が成長せずに悩みを繰り返す以上(現実の人間は、いわゆる物語のように簡単に成長するものではないことはあきらかであろう)、シンジも堂々巡りに悩みつづける。

もちろん、世界の謎よりも、自分の内面的な不安感の方が大問題である。 

 

例3:映画版のストーリー展開

 

別な例をあげよう。ひとつの典型に、テレビ版から映画版に移行したときのギャップがある。 

映画では、シンジは、全く無気力になっている。そして、何もしない。この時、もっとシンジが積極的役割を果たすシナリオが当初用意されていたという。

ところが、現実の庵野監督とは、イメージが異なる、という点で、現在の、無気力で情けないシンジのストーリーへと変更された。(映画パンフより) 

つまり、アニメとして一般的に魅力的な、カタルシスのある展開よりも、ここでも、監督自身の生き方こそがオリジナルを生み出す唯一の手段である、という方法論を優先したのである。

 

 

 

3.エヴァの方法論の功罪 

フィルムに、ただ一つのオリジナルである自分自身を刻印すること、それこそが、オリジナルを生み出す唯一の可能性である、というエヴァの方法論。

 このような意識から、庵野監督は徹底的に自分自身の内面にこだわった世界を構築した。 

この方法論の結果、メリットもデメリットも等しく現われた。

 メリットとしては、精神描写などに独自の感覚が見られ、それが作品自体の雰囲気を他作品とは差別化した点。 

同じ性格の人には、異様なまでにシンクロさせることを許容した点。 

また、監督の個人的趣味や世代的環境が反映された結果、同世代にまで大きな支持をえたこと(70年代的雰囲気や、当時の名作(特撮、ロボットものなどの諸作品)を思い出させる点など)。

 ストーリー的にいえば、徹底的に個人の内面を突き詰めたことにより、「生命の木、カバラ」などの宗教的モチーフとつながりが生じ、おそらく多くのリミックス論者が気づいていない、かなり一貫したストーリー的深読みを可能としている。

一人の内面追求がかえって人間一般の根源的テーマへの接近をもたらしたともいえるだろう。 

[補足:なお、この点を多少説明すると、10代の少年の自我不安と、人間の存在理由というテーマを結び付けることで、自我を持った人類(知恵の実を食べたことにより自我が生じた人類という旧約聖書の物語とリンク)、傷つきたくないため殻をもったり(ATフィールド)、いっそ自我をなくしたいという不安を感じる事(一方では、母体回帰という精神分析的テーマにつながり、一方では、生命の木への到達という神話的テーマにつながる)、などが一つに融合して、シンジの自我不安−人類に自我をもたらした知恵の木−自我を放棄した人類の母体回帰(リリスの卵)という流れがきれいに出来上がっている点が、ほとんど奇跡的である(このような解釈に興味がある方は、私のホームページを参照してください)] 

もちろん、デメリットも大きい。 まずは、異なるタイプの性格の人からは、現実感のある人物描写とは、かえって見られなくなってしまった事。 

悩みが表現されている登場人物たちは、誰でも、一皮向けば同じ性格、悩みのキャラになってしまったこと(テレビ版25話、26話がわかりやすい。さらに、映画版では、ゲンドウでさえ、怖くて心を閉じていただけであったということを告白している)。 

重要な部分でさえ、多くの人には意味不明の展開になってしまったこと(映画ラストなど)。

 

 

 

4. 「僕には何もない」〜コピーが魂を獲得する時 

@作品とシンクロするということ

庵野監督は、エヴァンゲリオンという作品が自分そのものを刻印する場であり、それがエヴァ独自の方法論であることを、様々な場で語っている。

 「−そんな状況の中で、それでも庵野さんが新作を手掛ける気になった理由は何なのでしょう。

庵野 もちろん、自分のためです(笑)。モノづくりの理由にはごく、個人的なものが常にあります。それ以上は今、ここで語る必要はないでしょう。

−しかし、それでもオリジナルにこだわるのは?

庵野 それは自分という存在がフィルムに残るからでしょうね」

(NEWTYPE 95年1月号クリエイター対談「庵野秀明×貞本義行」) 

 

「まだ完成していないんですが、1、2話は最近の自分の”気分”が忠実に反映されたフィルムになりそうなんですよ。それに気がついたときに『ああ、よかったな』と思いました。」 

「…『ナディア』よりも、カルトな作品になると思いますよ、こんな”気分”の作品はまずないでしょうから」 

(月刊ニュータイプ95年4月号 エヴァ制作開始インタビュー) 

 

さて、エヴァンゲリオンにおける特徴は、作者の内面世界を忠実に表現したとする考え方を、より一層推し進めてみよう。

すると、作品世界における特徴的な言説やモチーフが、実は、庵野監督自身の個人的な内面と、ほとんど一致していることに気づかされる。 

 

例1

シンジ「逃げちゃだめだ!」    「自分は、生きることに何もなかったから」 

庵野監督「4年間逃げ出したまま、ただ死んでいないだけだった自分が、ただひとつ「逃げちゃダメだ」の思いから再び始めた作品です」(コミック一巻)

 

例2

 シンジが、自分で作り上げたピラミッドを壊すシーン。 また、エヴァ自身のストーリー展開。

 庵野監督「きれいに終わらせるのがつまらない。昔からそうなんですよ。粘土とか、おもちゃとか、プラモデルとか、とにかく、リアルに作って、完成させて、その後、必ず火をつけて燃やすんです」(アニメージュ1996年7月号)

 

例3

 アスカ「あんた、甘えてるのよ」 エヴァにおける母への回帰 

庵野監督「村上龍も僕と同じで何もない人だと思う。・・母親にやたらとこだわっていて、女にもやたらとこだわっている。女の胸で泣くってことにもこだわっている」(スキゾ・エヴァンゲリオン) 

 

例4

ゼーレ「閉塞した人類」

 庵野監督による、「閉塞したアニメ界」発言、固定観念にこりかたまったファンへの様々な批判発言 

 

なお、この他にも、いちいち取り上げないが、ATフィールド、心の補完、シンクロ、などのキーワードも、製作者の内面と密接に結びついている。 

 

先述したが、登場人物の設定も、論議を呼んだストーリー展開も、全て監督の精神状態とのシンクロを優先した帰結である。

 

そのため、登場人物の精神構造は全て監督自身の分身となる。

カタルシスのある展開よりも、戦わない主人公という設定が選ばれる。

主人公は、どこまでいっても悩みつづける。

ゼーレも、ゲンドウも、心の補完を願う。

そして、他人との間にある見えないものが、恐怖の領域、ATフィールドとして扱われる。

 

A「何もない」不安がもたらしたもの

さて、このように製作者とエヴァの作品世界のシンクロの高さを見ると、最初にエヴァの特徴と考えられていた、膨大な引用、リミックスというのも、決して単なる商売上の意識だけではなかったような気がしてくる。 

一言でいえば、エヴァにおける膨大な情報の蓄積作用自体は、そもそも監督の内面的な不安感、自信の無さ、空虚感を満たすために、作用していたのではないか。

 つまり、エヴァの特徴を、内面性の刻印と、膨大な情報のリミックスと位置づけるならば、それらは2つの別個の特徴(前者は作家性、後者は商業主義)なのではなく、後者は前者からの帰結だったのではないか。 

 

シンジ「自分には何もない」    「自分には誇れるものがなにもない」    「自信がないんだ」

 

庵野監督「もっと認識すべきだと思うんですよ。僕らには何もないってことを」 

      「…僕と同じで何もない人だと思う」(スキゾ・エヴァンゲリオン) 

 

さて、ここで、「自分には何もない」ということが、どういう帰結をもたらしたのか、考えてみよう。

 繰り返しになるが、監督が何度もいう、「自分たちにはオリジナルがない」、という言葉を、問題意識を持った作家の方法論として捉えるだけでは不十分だ。

そうではなくて、「自分には何もない。不安なんだ。認めてほしいんだ。僕を見て!」という、シンジの叫びは、実は、監督の不安をそのまま表明していることにこそ、注目すべきなのである。

だからこそ、庵野監督は、彼の言う「過剰なサービス」をせざるを得なかったのだろう。

予算枠を超えても、視聴率を取れなくても。

そして、「自分には何も無い」不安をうめるため、過去のヒット作の、膨大な情報や引用、物語展開のテクニックなどを模倣して、つぎこまずにはいられなかったのである(イデオン、デビルマン、ウルトラマン、マジンガーZなど)。

 

 

Bコピーが魂を獲得するとき

 ここまで見てくると、冒頭にあげたような、エヴァの特徴を膨大で秀逸なリミックスに見る観点は決定的に間違っていることがわかる。 

それは、何度も言うが、受けねらいのパロディでもなければ、商業主義的にヒットさせるためのリミックス手法でもない。

 

何よりも「自分自身をフィルムに定着させたい」という問題意識から発しており、その中に潜むのは、「自分がいないんだ。不安なんだ」というテレビ26話のシンジの叫びである。 

 

自分に不安な、監督は、そしてシンジはどうするのか。

 

26話の演出では、何もない空間が登場する。シンジは不安である。そこに、地面という不自由が現れる。それにより、制限が生じるが、シンジは安心する。

制限が増加すればするほど、不安は軽減されるが、制限も強化されていく。 

つまり、引用が増加すればするほど、安定感は出るが、自由な、オリジナルな部分は、少なくなっていき、どこかで見たような話となる。

イデオンのようでもあり、デビルマンのようでもあり、マジンガーZのようでもある話ができてくる。

 

では、不安を逃れるため、膨大な情報で空虚を満たし、コピーだらけとなった作品はどうなるのか。

所詮、偽物の、二番煎じの、過去のヒット作の寄せ集めにすぎない作品ではないのか。

 

ここに至り、次の言葉が決定的な意味を持ってくる。 

リツコ「ただのコピーとは違うわ。人の意志が込められているもの」 

庵野監督「オリジナルが存在するとしたら、僕の人生しかない。…それ以外は全て模造といっても否定はできない」(スキゾ・エヴァンゲリオン)

 

世界に一つしかないと言い切れるたったひとつもの。

つまり、監督の内面世界を忠実に「作品に刻印」することで、作品に世界唯一の「オリジナル」性をもたせるとともに、「4年間壊れたまま何もできなかった自分自身の精神的な問題も、自分という存在をフィルムに残す」ことで、解決しようという方法。

そのために、「カルトな作品」になることは最初から見越した上で、エヴァンゲリオンは作られた。

 

ミサト「あなたのことをいたわり、理解できるのは、あなた自身しかいないのよ」

レイ「だから、自分を大事になさい」

(TV最終話より)

 

 コピーと引用だらけの、オリジナルの存在価値など無意味と感じられる世界に、それでも「自分自身」を、肯定すること。

いや、他の誰でもない「自分自身というオリジナル」だからこそ、それが、どんなにコピーにまみれていようと、間違いなく世界唯一のオリジナルだからこそ、そこに最大の存在意義を見出すこと。

そして、たとえプライベート・フィルムという批判を浴びようとも、エヴァンゲリオン制作の方法論として、徹底的に突き進めること。 

 

 この点こそが、頭で考えてオリジナルを出そうとしたり、単なる引用やパロディをちりばめた、凡百のアニメと、監督の精神世界をひたすら愚直に刻印し続けたエヴァンゲリオンとを決定的にわけた点である。 

 

テレビラスト

シンジ「ぼくは、ここにいてもいいんだ!」

全員「おめでとう!」

 

映画ラスト(シンジとアスカのエピソード)についての緒方さん(シンジ役)のコメント

「あのシーンだけは、「申し訳ないけど、シンジではなくて、俺にシンクロしてくれ」と。少し驚いたんですが、「じゃあ、あれは監督のどういう気分ですか。どんな思いがあるんですか。」って聞いたんです。」

「それで、その時に庵野監督に求められたのが、初めて自分のことを自分で抱きしめてあげられた瞬間を演じて欲しいってことだったんです。」

(エヴァンゲリオン フォーエバーより)

 

 

エヴァにおいては、膨大な引用も、コピー戦略も、心理描写も、「壊れたまま何もできなかった」監督の、自分自身の「存在理由」が見出せない不安から生まれたものであり、「自分自身というオリジナル」を自分で「抱きしめ」「おめでとう!」と肯定するための、悲痛な叫び声のようなものだったのである。

 

これこそが、シンジの悩みの、監督の悩みとオリジナル作品製作の方法論の、そしてエヴァンゲリオンという作品の特徴を生み出した理由の、コアである。 

 

こうして、「新世紀エヴァンゲリオン」という作品は、単なるコピーではなく、魂が入ったものとなったのである。

 

 

なお、ここまで理解すると、ようやく、物語中における、最も重要な設定の意義にも気づく。

 

すなわち、エヴァンゲリオンというマシンの製作過程が、拾い物のコピーという二番煎じの材質に対して、製作者(ユイ)自身が、完全にシンクロして融合するという作業であったのは、エヴァンゲリオンという作品の本質的な方法論、製作の意義、製作過程そのものを象徴的に全て表現しているのである。

 

この観点から、エヴァ放映前のインタビューと、映画の最後のセリフを、比較しながら、もう一度読み直してみよう。

製作者が作品に完全にシンクロしきった場合、どういうことが起こるか、わかるだろう。

 

 

エヴァ放映前インタビュー

−しかし、それでもオリジナルにこだわるのは?

庵野 「それは自分という存在がフィルムに残るからでしょうね」

 

 

THE END OF EVANGELION ラストの近く

レイ

見失った自分は、自分の力で取り戻すのよ。例え、自分の言葉を失っても、他人の言葉に取り込まれても」

「自らの力で自分自身をイメージできれば誰もがヒトの形に戻れるわ」

シンジ

「あたりまえのことに何度も気づくだけなんだ。自分が自分でいるために

 

 


人生で必要なことは、全てアニメで学んだ